鼻毛処理をしていただきたい

自分のことより相手の鼻毛が気になって

しょうがない

打ち合わせの相手の鼻の穴から鼻毛が出てたら

鼻毛が出てることが気になって

もう打ち合わせどころではないのだ

ついつい相手の鼻毛に目がいってしまう

こんな時、鼻毛もっさりは、まだいいほう

気にはなるが、あきらめもつくしガマンできる

が、鼻毛が一本出てるとき、それもその一本が

相手の表情で見え隠れしているときの鼻毛だけは

強烈に抜きたい衝動にかられるのだ

今すぐその鼻毛を指でつまんで抜いてやりたい!

その瞬間から私は鼻毛ハンターと化し

そこはもう打ち合わせの場でもなんでもない

ヤツの鼻毛を生け捕りにできるかどうか

緊迫した空気が漂う中、鼻毛が出てくるチャンスを

待つ、ヤツが笑みを浮かべたとき鼻毛は現れる

そこを狙うしかないのだ!




その時、ヤツが立ち上がってこう言った

「では、変更の場合は早めに連絡してください」



???



しまった!打ち合わせだったのだ

まったく話を聞いてなかったー

困ったゾー



それよりヤツの鼻毛を抜けなかったことが



最大の失敗!



おいそっちか!!



どうか鼻毛処理をしていただいた上で打ち合わせに

来ていただきたいと節に願う

posted by 鼻毛 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鼻毛処理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。